コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオチュキデス Leōtychidēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオチュキデス
Leōtychidēs

[生]前545頃
[没]前469頃
古代ギリシア,スパルタの王 (在位前 491~476?) 。即位後,ただちにアテネとアイギナとの間に戦われたアイギナ戦争に介入。前 479年にはギリシア連合艦隊の長として,キオス,サモスなどに転戦,ミュカレの戦いでアケメネス朝のペルシア軍を破り,小アジアのギリシア諸市を解放。前 477年にはテッサリアの親ペルシア派の貴族に対する懲罰戦を起したが,おそらくその翌年,収賄容疑の訴訟を受けてテゲアへ逃亡,アルキダモス2世が王位についた。第2次メッセニア戦争で活躍した同名の王とは別人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レオチュキデスの関連キーワード事業譲渡インド解除iPad Air危険ドラッグ熊本大空襲臓器移植法施行20年浦内川神鍋高原ソクラテス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android