レオチュキデス(英語表記)Leōtychidēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオチュキデス
Leōtychidēs

[生]前545頃
[没]前469頃
古代ギリシア,スパルタの王 (在位前 491~476?) 。即位後,ただちにアテネとアイギナとの間に戦われたアイギナ戦争に介入。前 479年にはギリシア連合艦隊の長として,キオス,サモスなどに転戦,ミュカレの戦いでアケメネス朝のペルシア軍を破り,小アジアのギリシア諸市を解放。前 477年にはテッサリアの親ペルシア派の貴族に対する懲罰戦を起したが,おそらくその翌年,収賄容疑の訴訟を受けてテゲアへ逃亡,アルキダモス2世が王位についた。第2次メッセニア戦争で活躍した同名の王とは別人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android