レオニード マルトゥイノフ(英語表記)Leoníd N. Martínov

20世紀西洋人名事典の解説

レオニード マルトゥイノフ
Leoníd N. Martínov


1905 -
ソ連の詩人。
オムスク生まれ。
中学卒業後、新聞記者としてソ連を旅行し、ルポルタージュを書く。1939年「詩と叙事詩」でデビュー。新進詩人として注目される。その後、「叙事詩集」(’40年)など次々に刊行し、ソビエト詩壇に地位を確立した。戦後「ジダーノフ批判」の中で槍玉に上がり、「雪どけ」期を迎えるまで沈黙を強いられた。その後活発な創作活動を始め’55、57年抒情詩集を発表、清新な詩風で、ソビエト詩壇に特異な存在を示す。特に’57年の「詩集」は第一回レーニン賞候補に推された。現在も「雪どけ」派の第一線詩人として活躍している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android