レコードプレーヤー(英語表記)record player

翻訳|record player

世界大百科事典 第2版の解説

レコードプレーヤー【record player】

レコードの溝に刻まれた音を針先の機械的な振動として拾い出し,これを電気的な信号に変換して増幅器に送るための装置。円盤再生機ということもある。レコードとは広い意味では〈記録されたもの〉であり,円盤に溝を切って機械的に記録したディスクレコードと,テープに磁気的に記録したテープレコードに分けられるが,日常的には前者を単にレコードと呼ぶことが多い。またプレーヤーは記録(録音)の機能をもたない再生(演奏)専用の装置で,電気信号を出力として増幅器へ接続して使用され,これ自体は増幅器やスピーカーを含まないのが一般的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レコードプレーヤー【record player】

レコードの音を再生するための装置。レコードを載せるターンテーブル、これを回転させるモーター、アームの先に針のついたピックアップからなる。プレーヤー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

レコード‐プレーヤー

〘名〙 (record player) レコード②に録音されている信号を再生する装置。モーター、ターンテーブル、カートリッジ、トーンアームなどからなる。プレーヤー。
※近くて遠きは(1956‐57)〈飯沢匡〉上を下への「ラジオと兼用のレコードプレーヤーの脇の机から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レコードプレーヤーの関連情報