コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシェートニコフ Reshetnikov, Fëdor Mikhailovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レシェートニコフ
Reshetnikov, Fëdor Mikhailovich

[生]1841.9.17. エカテリンブルク
[没]1871.3.21. ペテルブルグ
ロシアの小説家。革命的民主主義者の影響を受け,労働者,農民の苦悩や女性の解放を扱った作品が多い。代表作『ポドリーポフ村の人々』 Podlipovtsy (1864) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レシェートニコフ
れしぇーとにこふ
Фёдор Михайлович Решетников Fyodor Mihaylovich Reshetnikov
(1841―1871)

ロシアの作家。郵便局員の家に生まれる。早くに親を失い、ペルミでおじに育てられた。1859年同地の学校を出て、郡裁判所、税務監督局で働き、63年ペテルブルグの下級官吏になった。61年文筆活動に入り、64年には代表作の中編『ポドリープノエ村の人々』で、零落してなかばプロレタリアート化した民衆の生活を活写した。ほかにウラルの鉱山労働者の労苦、飢え、貪困を描いた『鉱山労働者』(1866)、労働者の怒りと抗議の激化を主題とする『グルーモフ一家』(1866~67)、労働者の自意識の目覚めを扱った『どこがましか』(1868)の長編三部作が重要。[島田 陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レシェートニコフの関連キーワード9月5日島田

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android