レックス ウォーナー(英語表記)Rex Warner

20世紀西洋人名事典の解説

レックス ウォーナー
Rex Warner


1905.3.9 - 1986
英国の小説家,詩人。
バーミンガム生まれ。
大学卒業後1937年にカフカの影響の濃い「野鴨狩る」で文壇にデビューし、その後、理想主義者の教授が小国の首相になり政治の現実に破れていく「教授」(’38年)、架空の空軍基地の住民の革新と伝統の対立を描いた「空軍基地」(’41年)など、イギリスの良識的リベラリストの立場からみた現代の危機を明確な寓話物語の形で描いた作品が多い。’50年以降は「シーザー皇帝」(’60年)、「ペリクレスとアテネ人たち」(’63年)など歴史小説を書いている。そのほか、古典の英訳・紹介もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

レックス ウォーナー

生年月日:1905年3月9日
イギリスの古典学者,小説家
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android