コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ・ドク・ト レ・ドク・トLe Duc Tho

3件 の用語解説(レ・ドク・トの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レ・ドク・ト
レ・ドク・ト
Le Duc Tho

[生]1911.10.14. ナムハ
[没]1990.10.13. ハノイ
ベトナムの政治家。 1930年結党直後のインドシナ共産党に入党。 1930年代の大半を監獄で過したのち,40年中国に逃れベトミン結成に参加。 46年の対仏交渉ではファン・バン・ドンに従いパリに渡り,第1次インドシナ戦争中はレ・ジュアンの側近として南部の党活動に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レ・ドク・ト
れどくと
Le Duc Tho
(1912―1990)

ベトナムの政治家。北ベトナムのナムハ省生まれ。1930年インドシナ共産党創立に参加。1940年中国に亡命、ベトミン設立工作にあたり、1949年には同指導委員会議長。1951年ベトナム労働党中央委員会政治局員。党内親中国派を代表する理論家として親ソ派レ・ズアン好敵手であった。1968~1973年パリ和平会談代表団顧問としてベトナム和平協定調印のため活躍し、ノーベル平和賞の指名を受けたが拒否。1976年南北統一後も党政治局員にとどまったが、1986年党幹部若返り政策のもとに辞任、党内委員顧問・政治局顧問に就任した。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

レ・ドク・ト
Le Duc Tho


1912.(1910.説もあり) -
ベトナムの政治家。
ナハム省生まれ。
1930年インドシナ共産党結成に参加。’40年中国に亡命、ベトミン設立工作にあたり、’49年同指導委員会議長、’51年労働党政治局員となる。’73年ベトナム和平協定でアメリカの撤退を実現したため、’73年ノーベル平和賞に決定されるが拒否。’76年ベトナム共産党政治局員兼書記局員を務め、’86年引退、党中央委員顧問・政治局顧問となる。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
20世紀西洋人名事典について | 情報

レ・ドク・トの関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone