コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーボラ(英語表記)Rebora, Clemente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーボラ
Rebora, Clemente

[生]1885. ミラノ
[没]1957. ストレーザ
イタリアの詩人。ミラノ大学で文学を修め,工業学校教師をつとめるかたわら,雑誌『ボーチェ』の同人となり,詩集『抒情詩断片』 Frammenti lirici (1913) を発表。第1次世界大戦後は宗教への傾斜が強まり,神秘性の強い『無名の歌』 Canti anonimi (22) がある。 1931年には修道院に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーボラ
れーぼら
Clemente Rebora
(1885―1957)

イタリアの詩人。ミラノの生まれ。ミラノの大学で文学と哲学を専攻する。『ボーチェ』誌に寄稿して、処女詩集『叙情的断片詩編』(1913)を発表した。第一次世界大戦に参加して、従来からの精神上の危機をいっそう深め、錯乱と分裂する意識のなかで、1929年に回心を果たした。おもな詩集に『叙情的散文』(1917)、『無名なる者の歌』(1922)、『病める者の歌』(1957)、また、評論に『知られざるレオパルディ』などがある。[河島英昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android