コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーマン方式

2件 の用語解説(レーマン方式の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

レーマン方式

・Lehmann plan レーマン方式
ドイツの経営学者・レーマンの学説を応用した成果配分方式の一つ。
・成果配分方式とは、企業の業績の一部である売上高・付加価値営業利益経常利益等を労働者の貢献度合いによって配分する方式であり、賞与決定の指標とするのが一般的である。
・レーマン方式における成果配分では、企業の業績を高める要素を「資本」と「労働」とした考えを用いて、「資本=純利益÷総資本」・「労働=純利益÷従業員数」を基準として
判断する。従って、算出された資本比率と労働比率によって貢献比率の程度が明確になる。
・成果配分方式については、レーマン方式以外にも、スキャロンプラン・ラッカープラン・カイザープラン等がある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

レーマン方式

移動した資産の価格に対して一定の割合を乗じて算出する方式のこと。M&A仲介会社の多くがこのレーマン方式を報酬体系に用いている。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーマン方式の関連キーワードヨーマンリーレーマンヒューマンリレーションズホフマン方式シュレーマン一世トランスモジュレーション方式パイプライン方式新ホフマン方式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone