コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロココ様式 ロココようしき

1件 の用語解説(ロココ様式の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ロココようしき【ロココ様式】

18世紀、ルイ14世時代末からルイ15世時代のフランス宮廷を中心にヨーロッパで栄えた装飾様式。1730~70年が最盛期。繊細さ・優美さ・軽快さが特徴。建築ではベルサイユ宮殿の小トリアノンが代表例。工芸ではマイセンセーブルの磁器、チッペンデールの家具などを生み出した。◇岩や貝などをかたどった曲線状の「ロカイユ模様」が多用されたことに由来。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロココ様式の関連キーワードサンルイスロココ美術甘たるい重ったるいロココスファトゥルイ広場ヒブラルファロ城Бабруйскルイ[15世]ルイ王朝様式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロココ様式の関連情報