コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロココ様式 ロココようしき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ロココようしき【ロココ様式】

18世紀、ルイ14世時代末からルイ15世時代のフランス宮廷を中心にヨーロッパで栄えた装飾様式。1730~70年が最盛期。繊細さ・優美さ・軽快さが特徴。建築ではベルサイユ宮殿の小トリアノンが代表例。工芸ではマイセンセーブルの磁器、チッペンデールの家具などを生み出した。◇岩や貝などをかたどった曲線状の「ロカイユ模様」が多用されたことに由来。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ロココ様式の関連キーワードブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストグランド・ホテル・ド・ラ・レーヌドロットニングホルム宮殿アウグストゥスブルク城ヤマザキマザック美術館アウグスツスブルク宮殿ザンクトガレン修道院サントアントニオ教会コンソール・テーブルサンフェリペ修道院チッペンデール様式ヴィースの巡礼教会アマリエンボー宮殿ニンフェンブルク城シェーンブルン宮リップシュタットクイーンアン様式エッタール修道院シテール島の巡礼ウィース巡礼聖堂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロココ様式の関連情報