ロココ様式(読み)ロココようしき

家とインテリアの用語がわかる辞典「ロココ様式」の解説

ロココようしき【ロココ様式】

18世紀、ルイ14世時代末からルイ15世時代のフランス宮廷を中心にヨーロッパで栄えた装飾様式。1730~70年が最盛期。繊細さ・優美さ・軽快さが特徴。建築ではベルサイユ宮殿の小トリアノンが代表例。工芸ではマイセンセーブル磁器チッペンデールの家具などを生み出した。◇などをかたどった曲線状の「ロカイユ模様」が多用されたことに由来

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ロココ様式」の解説

ロココ様式
ロココようしき
Rococo

18世紀前半,フランスを中心に流行した美術様式
バロック様式に続くもので,洗練された繊細・優美さが特色。元来は工芸品や室内装飾の様式をさす概念であったが,のち美術全般の様式概念となる。絵画ではワトー,建築ではサンスーシ宮殿が代表例。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android