コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシェル塩 ロシェルえんRochelle salt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシェル塩
ロシェルえん
Rochelle salt

酒石酸ナトリウムカリウムのこと。普通は (R,R) -酒石酸のものをさす。4水和物であり,KNaC4H4O6・4H2O の化学式をもつ。半透明の結晶で斜方晶系。無色。セニエット塩ともいう。いくぶん風化性がある。比重 1.79,融点 70~80℃,130~140℃で無水塩になり,220℃で分解を始める。水によく溶け,水溶液から容易に大きな単結晶をつくることができる。強誘電体としてよく知られており,圧電素子としてピックアップ,マイクロホン,受話器などに用いられる。また鏡の製造,下剤,利尿剤,フェーリング液の製造,遷移金属イオンのマスキング剤,プロセスチーズの乳化剤としての用途もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロシェル塩の関連キーワード酒石酸ナトリウムカリウムクリスタルマイクロホン電気機械結合係数圧電マイクロホンロッシェル塩セニエット塩圧電受話器強誘電体ピロ電気圧電効果斜方晶系単結晶

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android