コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロストック ロストックRostock

3件 の用語解説(ロストックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロストック(Rostock)

ドイツ北東部、メクレンブルク‐フォアポンメルン州の港湾都市。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。バルト海に注ぐワルノウ川沿いに位置する。14世紀にハンザ同盟に加盟し、中心的都市として発展。ゴシック様式の聖マリエン教会、聖ニコライ教会、バロック様式の市庁舎など、歴史的建造物が数多く残っている。バルト海沿岸地域では最も古い1419年創立のロストック大学がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロストック
ろすとっく
Rostock

ドイツ北東部、メクレンブルク・フォアポンメルン州の港湾都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。バルト海に注ぐワルノウ川の河口から13キロメートル上流の両岸を占める。人口20万0500(2000)。河口には外港で海水浴場ともなっているワルネミュンデWarnemndeがあり、デンマークのゲサーGedserとの間にフェリーが就航している。機械、造船、化学、水産加工などの工業が立地する。ウェンド人の集落であったが、ハインリヒ獅子(しし)公がリューベックに賦与したのち、周辺諸都市で採用されたリューベック都市法を1218年に受け入れ、都市権を得た。14世紀にハンザ同盟の有力な構成員となり、1323年メクレンブルク領に含まれた。第二次世界大戦で被害を受けたが戦後復興し、13~15世紀ゴシック様式のれんが造の聖マリエン教会、14世紀ゴシック様式の聖ニコライ教会、18世紀バロック様式の正面をもつ市庁舎などが残る。ロストック大学は1419年の創立。ほかに音楽大学や劇場があり、1952~90年にはロストック県の県庁があった。ロストック県は1952年にメクレンブルク北部とポメラニアの一部で構成、成立した県で、面積7075平方キロメートル、人口89万8900(1985当時)であった。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロストックの関連情報