コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロドイダンバ ロドイダンバ Lodojdamba, Čadraabalyn

2件 の用語解説(ロドイダンバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロドイダンバ
ロドイダンバ
Lodojdamba, Čadraabalyn

[生]1917
[没]1969
モンゴルの作家。ゴビアルタイ県の牧民の家に生れたが,向学心に燃え,1954年にウラーンバートル大学卒業後はソ連におもむき,大学院に学び,文学博士候補生の称号を得た。モンゴル文学界の重鎮として多くの作品を発表し,特に『アルタイにて』 Altajd (1952) ,『清きタミル川』 Tunggalag Tamir (62) などは多くのモンゴル人に愛読され,特に後者はロシア語をはじめ多くの外国語に翻訳された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロドイダンバ
ろどいだんば
Чадраабалын Лодойдамба Chadraabaln Lodoydamba
(1917―1969)

モンゴルの小説家。苦学して国立大学を卒業。短編『帽子をかぶった狼(おおかみ)』(1945)、『宣告』(1947)、『一粒の涙は何を語ったか』(1968)や戯曲『信ずる』などを書いた。長編『アルタイ山にて』、中編『私たちの学校』はともに、旧ソ連・モンゴル両国の友誼(ゆうぎ)と、モンゴルのインテリゲンチャの描写が主題として貫かれ、構成、描写技巧の点で傑出している。晩年の大作『清らなるタミルの流れ』(1967)は、モンゴルの大自然を舞台に展開されるロマンである。[荒井伸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロドイダンバの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone