コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロドー ロドーRodó, José Enrique

2件 の用語解説(ロドーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロドー
ロドー
Rodó, José Enrique

[生]1872.7.15. モンテビデオ
[没]1917.5.1. パレルモ
ウルグアイの代表的哲学者。 1898年より共和国大学教授。またジャーナリスト国立図書館館長としても活躍し,1902,1908年には下院議員に選ばれた。随筆風の哲学書をいくつか残したが,主著『アリエル』 Ariel (1900) には彼の美と真実に対する信仰,個と集団のより充実した生を求める態度が明確に示されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロドー
ろどー
Jos Enrique Rod
(1871―1917)

ウルグアイの思想家。父親の死により独学し指導的知識人となる。1895年、『文学・社会科学』誌を創刊、また、1900年には国立図書館長に就任した。この年発表の、理想を追うアリエルと本能的に生きるカリバンという2人の象徴的人物を通してラテンアメリカ精神を究明した評論『アリエル』は、当時のスペイン語圏の青年たちの福音(ふくいん)の書となる。近代主義(モデルニスモ)散文の巨匠であり、ルベン・ダリオが文学で果たした役割を哲学、思想の面で果たし、前述の雑誌に『プロスペロの望楼』(1913)、『アメリカの人々』(1920)などの評論を掲載して理想を説き、美や人間性、哲学、文学、倫理などを論じた。[安藤哲行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロドーの関連キーワード富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件清水喜助アルルの女小樽(市)果樹園芸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロドーの関連情報