ロボット観測(読み)ロボットカンソク

大辞林 第三版の解説

ロボットかんそく【ロボット観測】

気象観測で、観測員が常駐できない山岳や海洋に測器を設置し、観測した結果は無線によって自動的に通報する観測方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロボット観測
ろぼっとかんそく

もともと無人地点での観測を意味する。テレメーター観測の一つとみることもできよう。たとえば無線ロボット雨量計は、電話線が利用できない山地などに設置し、VHF電波によって基地観測所や中継所に雨量のデータを送信する。有線ロボット気象計とよばれる測器は、雨量のほか風向風速や気温、日照時間のデータを電話線で観測センターに伝送する器械で、センサーや変換器それに送信機で構成される。地域気象観測での主要測器である。海洋気象ブイロボットは、海底のアンカーに連結したブイに取り付けた観測装置からの情報を得るためのもので、遠距離になるため短波が使用される。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android