コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマヌス3世 ロマヌスさんせいRomanus III Argyrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマヌス3世
ロマヌスさんせい
Romanus III Argyrus

[生]968?
[没]1034.4.11. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1028~34) 。首都コンスタンチノープルの総督をつとめ,1028年 11月 60歳代でコンスタンチヌス8世の娘ゾエと結婚,3日後に即位。大土地所有者層出身のため,従来の中小自由農民保護策を放棄,帝国の封建化の端緒をつくった。対外的には将軍マニアケスを小アジア遠征に派遣,エデッサを占領 (32) 。不和に陥った皇妃ゾエと通じたミカエル (のちの4世) により宮中の浴室で暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロマヌス3世の関連キーワードコンスタンチヌス8世コンスタンチヌスミカエル4世

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android