コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマノフ ロマノフ Mihail Fyodorovich Romanov

3件 の用語解説(ロマノフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロマノフ(Mihail Fyodorovich Romanov)

[1596~1645]ロシアロマノフ朝の初代皇帝。イワン4世の甥の子。1613年ゼムスキーソボール(全国会議)によりツァーリ(皇帝)に選出され即位。農奴制を強化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマノフ
ロマノフ

ミハイル・ロマノフ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロマノフ
ろまのふ
Григорий Васильевич Романов Grigoriy Vasil'evich Romanov
(1923―2008)

ソ連の政治家。第二次世界大戦に参加し、1944年にソビエト共産党入党。戦後レニングラード(サンクト・ペテルブルグ)のジダーノフ記念レニングラード造船工場設計部に勤務(1946~1954)、この間にレニングラード造船大学を卒業(1953)した。1955年より同工場での党活動に専従、1957年同市キーロフ区書記、1961年市委員会書記、1963年レニングラード州党第二書記、1970年より同第一書記となった。また中央でも1966年より党中央委員、1973年党政治局員候補、1976年の第25回党大会で政治局員となり、1983年には中央委書記を兼任し、1980年代前半には若手のホープとされた。しかしゴルバチョフが書記長に就任した後、1985年に解任され、年金生活に入った。[藤本和貴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマノフの関連キーワードロシア帝国ロマノフ朝コロシアム双頭の鷲Романов-на-Мурманеアロマの日ボリス・ゴドノフロマノフの幻を追えロマノフの宝石ミハイル・ロマノフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロマノフの関連情報