ロンカリア立法(読み)ロンカリアりっぽう

世界大百科事典 第2版の解説

ロンカリアりっぽう【ロンカリア立法】

ドイツ皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ)が第2回イタリア遠征に際し,1158年のロンカリアの帝国議会で行った一連の立法。ここでフリードリヒは,古代ローマ帝国との意識的な結びつきによって,皇帝権に新たなローマ法上の基礎を与えようとしたといえる。ボローニャの著名な4博士(フーゴーマルティヌス,ブルガルス,ヤコブス)の助言・協力を得ながら,イタリア諸都市を代表する裁判官たちの関与のもとにイタリアにおける皇帝の諸権利を回復することが意図され,レガーリエンに関する法律およびこれに続く三つの(1967年になって初めて再発見された)法律が制定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android