コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンセ Ronse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンセ
Ronse

フランス語ではルネ Renaixベルギー北西部,オーストフランデレン州の都市。フランドル地方南部の丘陵地帯にあり,毛織物人造繊維,木綿など各種繊維工業が発達。既製服製造も行われる。 13~14世紀の聖堂や宗教行列で知られ,神学校もある。オランダ語フランス語の言語境界部に位置する。人口2万 4463 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロンセ【Ronse】

ベルギー西部,東フランドル州の都市。フランス語名はルネRenaix。人口2万4000(1978)。ヘントの南方約40kmに位置。織物製造,食品工業などが行われる。オランダ語を公用語とする自治体だが,言語境界線に臨み,フランス語系住民も多いため,ベルギーにおける言語問題係争地の一つとなっている。フランドル地方としては珍しく丘陵地帯にあり,また古くよりの定住地で,先史時代の遺跡に富む。中世には毛織物業が繁栄しフランドル伯領の有力都市となったが,その後大きな発展はなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロンセの関連キーワードカーン(Louis Isadore Kahn)クレイドル山とセントクレア湖国立公園トゥール・ポアティエの戦ウェストフランデレン州ナバラ(歴史的地方名)ロンセスバリェスローンセストンカタラクト渓谷MBKセンターナバラ自治州スペイン文学ドン・フアンファウスト3月25日カンボジアベーブ城ナバラ周期表

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android