コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語境界線 げんごきょうかいせん language boundary

2件 の用語解説(言語境界線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語境界線
げんごきょうかいせん
language boundary

異なった言語 (方言) 体系を用いる地域が接するところに引かれる線。これは等語線とは異なる概念である。等語線は個々の特定の方言特徴が分布しているところと,していないところの間に引かれる線であり,境界線はその等語線が束になって認められるところに引かれるものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語境界線
げんごきょうかいせん

違うことばを使う所との境い目に引かれる線。次のような場合がある。
(1)どんな言語・国語を使っているかの境界線。国境や海・山・川と一致することが多いが、そうでないときもある。別の言語を話す集落が飛び地として混在する場合や、一集落内や都市に異なった言語の話し手が混住する場合、住民の大多数が2か国語を話す場合などは、1本の線ではくぎれない。さらに、住民の言語と公用語とが食い違う場合もある。
(2)一言語内の方言の境界線にもいうことがある。個々の単語における言語地図上の境界を「等語線」といい、多くの単語で同じ場所を通るときに「等語線の束」というが、そこに1本の線として設定するのが「言語境界線」である。「方言境界線」ともいう。日本語の方言では、糸魚(いとい)川と浜名湖を結ぶ線が東西を分ける境界線とされる。ただ、北アルプスのあたりでは、多くの語で一致するが、東海道沿いでは、伊豆半島から関ヶ原にかけて扇のように開き、1本の線では表しにくい。[井上史雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言語境界線の関連キーワード言語メタ言語オイル語言語地図字音祖語対照言語学通時言語学内言語方言地図

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone