ローエンシュタイン(英語表記)Daniel Casper von Lohenstein

世界大百科事典 第2版の解説

ローエンシュタイン【Daniel Casper von Lohenstein】

1635‐83
ドイツ・バロック時代の作家。とくにセネカとフランス古典主義演劇を範とした一連の悲劇《クレオパトラ》(1661),《ゾフォニスベ》(1680)等を著すが,いずれも過度の虚飾,誇張,修辞的技巧,どぎつい写実性に満ちた作風のゆえに,その後2世紀にわたり,文学史上忘れられた存在となる。しかし近年,彼の錯綜した女性心理,歴史のとらえ方に関心が寄せられている。【島田 勝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローエンシュタイン
ろーえんしゅたいん
Daniel Casper von Lohenstein
(1635―1683)

ドイツの後期バロックを代表する劇作家、小説家。シュレージエンに生まれ、のちブレスラウ(ブロツワフ)市の法律顧問を務める。中近東や帝政ローマを背景としたその作品は、盲目的激情の爆発とそれを耐え抜く平常心との対比を描いて、しばしば残虐でエロティックな舞台効果を示している。『アグリッピーナ』(1665)、『ゾフォニスベ』(1680)など劇のほか、長編小説に『アルミニウス』(1689~90)がある。[白崎嘉昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android