コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローエンシュタイン Daniel Casper von Lohenstein

2件 の用語解説(ローエンシュタインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローエンシュタイン【Daniel Casper von Lohenstein】

1635‐83
ドイツバロック時代の作家。とくにセネカフランス古典主義演劇を範とした一連の悲劇《クレオパトラ》(1661),《ゾフォニスベ》(1680)等を著すが,いずれも過度の虚飾,誇張,修辞的技巧,どぎつい写実性に満ちた作風のゆえに,その後2世紀にわたり,文学史上忘れられた存在となる。しかし近年,彼の錯綜した女性心理,歴史のとらえ方に関心が寄せられている。【島田 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローエンシュタイン
ろーえんしゅたいん
Daniel Casper von Lohenstein
(1635―1683)

ドイツの後期バロックを代表する劇作家、小説家。シュレージエンに生まれ、のちブレスラウブロツワフ)市の法律顧問を務める。中近東や帝政ローマを背景としたその作品は、盲目的激情の爆発とそれを耐え抜く平常心との対比を描いて、しばしば残虐でエロティックな舞台効果を示している。『アグリッピーナ』(1665)、『ゾフォニスベ』(1680)など劇のほか、長編小説に『アルミニウス』(1689~90)がある。[白崎嘉昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ローエンシュタインの関連キーワード石垣永将スペイン演劇中国とアフリカの貿易道修町鄂爾多斯狩野山楽神谷宗湛グアドループ周期表フック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone