コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローエンシュタイン Daniel Casper von Lohenstein

2件 の用語解説(ローエンシュタインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローエンシュタイン【Daniel Casper von Lohenstein】

1635‐83
ドイツバロック時代の作家。とくにセネカフランス古典主義演劇を範とした一連の悲劇《クレオパトラ》(1661),《ゾフォニスベ》(1680)等を著すが,いずれも過度の虚飾,誇張,修辞的技巧,どぎつい写実性に満ちた作風のゆえに,その後2世紀にわたり,文学史上忘れられた存在となる。しかし近年,彼の錯綜した女性心理,歴史のとらえ方に関心が寄せられている。【島田 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローエンシュタイン
ろーえんしゅたいん
Daniel Casper von Lohenstein
(1635―1683)

ドイツの後期バロックを代表する劇作家、小説家。シュレージエンに生まれ、のちブレスラウブロツワフ)市の法律顧問を務める。中近東や帝政ローマを背景としたその作品は、盲目的激情の爆発とそれを耐え抜く平常心との対比を描いて、しばしば残虐でエロティックな舞台効果を示している。『アグリッピーナ』(1665)、『ゾフォニスベ』(1680)など劇のほか、長編小説に『アルミニウス』(1689~90)がある。[白崎嘉昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローエンシュタインの関連キーワードカロッサ新バロックバロック統一ドイツネオバロックバロック式バロック真珠バロット服部幸三バロッタード (BALLOTADE)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone