コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼッガー ローゼッガーRosegger, Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローゼッガー
Rosegger, Peter

[生]1843.7.31. アルプル
[没]1918.6.26. クリークラハ
オーストリアの小説家。自然主義,社会主義勃興期の代表者の一人。貧農の生れで仕立屋の徒弟となり,のち商業大学に学び,文壇に入る。農民生活を主題とした作品が多い。主著『林間学校長の手記』 Die Schriften des Waldschulmeisters (1875) ,『森のふるさと』 Waldheimat (77) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ローゼッガー【Peter Rosegger】

1843~1918) オーストリアの小説家。郷土のアルプスの風景と農民をリアルに描いた。作「森の小学校教師の手記」「最後の人ヤーコプ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローゼッガー
ろーぜっがー
Peter Rosegger
(1843―1918)

オーストリアの小説家。貧しい山岳農民の子としてシュタイアーマルク州の山村アルプルに生まれる。ほとんど独学で教養を身につけた。方言に彩られた彼の郷土文学は、19世紀の村物語の伝統に結び付き、アンツェングルーバーの写実主義を手本として、地域社会の習慣や信仰を破壊していく近代化の問題も取り上げた。『最後の人ヤーコプ』(1888)や『永遠の光』(1897)のほかに自伝的作品『森のふるさと』(1877)など作品は多い。[鈴木隆雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ローゼッガーの関連キーワードオーストリア文学オーストリアアルプス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android