コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローデシア・ニアサランド連邦 ろーでしあにあさらんどれんぽうThe Federation of Rhodesia and Nyasaland

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローデシア・ニアサランド連邦
ろーでしあにあさらんどれんぽう
The Federation of Rhodesia and Nyasaland

1953~63年にかけて結成された旧イギリス領の南ローデシア(現ジンバブエ)、北ローデシア(現ザンビア)、ニアサランド(現マラウイ)の三国による連邦。北ローデシアの銅資源に着目した南ローデシアの白人により提起され、アフリカ人労働力の豊富なニアサランドを加える形で成立した。銅開発による収益の大半は、資本と技術を提供した南ローデシアにもたらされた。しかし連邦結成に反対する三国のアフリカ人の運動がその後の民族独立運動に継承されたため、わずか11年で解体した。その翌年北ローデシアとニアサランドは独立したが、南ローデシアの白人支配は1980年のジンバブエ独立まで続いた。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローデシア・ニアサランド連邦の関連キーワードジンバブエ(国)ハラーレカウンダ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android