ローデシア・ニアサランド連邦(読み)ろーでしあにあさらんどれんぽう(英語表記)The Federation of Rhodesia and Nyasaland

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローデシア・ニアサランド連邦
ろーでしあにあさらんどれんぽう
The Federation of Rhodesia and Nyasaland

1953~63年にかけて結成された旧イギリス領の南ローデシア(現ジンバブエ)、北ローデシア(現ザンビア)、ニアサランド(現マラウイ)の三国による連邦。北ローデシアの銅資源に着目した南ローデシアの白人により提起され、アフリカ人労働力の豊富なニアサランドを加える形で成立した。銅開発による収益の大半は、資本と技術を提供した南ローデシアにもたらされた。しかし連邦結成に反対する三国のアフリカ人の運動がその後の民族独立運動に継承されたため、わずか11年で解体した。その翌年北ローデシアとニアサランドは独立したが、南ローデシアの白人支配は1980年のジンバブエ独立まで続いた。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android