コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイエルシュトラス ワイエルシュトラスWeierstrass, Karl (Theodor Wilhelm)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイエルシュトラス
Weierstrass, Karl (Theodor Wilhelm)

[生]1815.10.31. オステンフェルデ
[没]1897.2.19. ベルリン
ドイツの数学者。パーデルボルンのカトリックギムナジウム卒業後,19歳のとき,法律学と財政学を学ぶためにボン大学に入学。しかし,あまり出席しなかったらしく,卒業検定試験も受けないで家に帰る。家で遊んで暮せる経済状態ではなかったので,ミュンスター・アカデミーという大学に入り (1839) ,数学を勉強する。ここで C.グーデルマンに大きい影響を受け,関数のべき級数展開について研究を始めた。卒業検定に受かり (41) ,ドイッチェ・クローネのギムナジウムで (42~48) ,続いてブロウンスベルクのオーバー・ギムナジウムで (48~56) 数学を教えた。この間,低給料に甘んじながら,ひとりで数学を研究し,数編の論文を書いた。 1854年,『クレーレ・ジャーナル』に論文『アーベル関数の理論』を発表し,第一級の数学者として認められるにいたる。 56年ベルリンの王立工芸学校教師。この年の秋からはベルリン大学助教授,64年ベルリン大学教授。研究論文の数はそれほど多くない。研究は解析学全般にわたるが,その第1の業績はべき級数のうえに複素関数論を基礎づけ,収束域の概念を明確にし,完全に厳密に関数論を展開したことである。と同時に 19世紀後半の「数学の算術化」と呼ばれる,最も単純な算術の概念への解析学の原理の還元においても,大きい貢献をしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワイエルシュトラス【Karl Theodor Weierstrass】

1815~1897) ドイツの数学者。複素関数論はじめ関数論について多くの業績をあげる。解析学を厳密に基礎づけ、近代解析学の父とも呼ばれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ワイエルシュトラスの関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇日本海および海底地名の変更要求教科支援エキスパートLGBTとカミングアウト浅田宗伯朝夷巡島記

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone