コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットソニア Watsonia; buglelily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワットソニア
Watsonia; buglelily

アヤメ科の多年草で,園芸界ではヒオウギズイセンと呼ぶこともあるが,同じ科の CorocosmiaTritoniaを同名で呼ぶ場合もあり混乱しやすい。ワットソニアは南アフリカ原産の属で,60種ほど知られているが,そのうちの W. angustaが代表的である。地下に球茎があり,長い剣状の葉が出る。花は花茎上に穂状につき包葉に包まれ,下部は円筒形,上部は漏斗状でグラジオラスに似ている。花色は種類により赤や白などがあり美しく,観賞用に栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワットソニア
わっとそにあ
[学]Watsonia

アヤメ科の球根草。秋植え・春咲き、春植え・夏咲き、常緑のものがある。草丈は高く、光沢のある剣状葉を数枚出し、らっぱ形の大きな6弁花を、やや上向きに穂状につける。南アフリカ原産。暖地の花壇、切り花用に向く。ベアトリシス種W. beatricis Mathews et Borは常緑性の夏咲きで、高さ約1メートル。朱赤、橙(だいだい)、桃色花を開く。耐寒性は強い。メリアナ種W. meriana var. albaは、5~6月、多数の白色花を開く。ガルピニー種は常緑性で、高さ約60センチメートル。秋、橙色花を開く。コクシネア種は高さ約30センチメートルの矮性(わいせい)種で、春に赤色花を開く。
 繁殖は分球か実生(みしょう)により、日当り、排水のよい所を好む。常緑種は春に植える。秋植えのものは、降霜で新葉を傷めないくふうが必要である。掘り上げは6~7月で、十分乾燥して貯蔵する。春植えのものは、冬季に球根が休眠するので、寒さの強くない所では放任しておく。鉢植えの場合は矮性種を用い、一鉢に何球かまとめて植える。[平城好明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワットソニアの関連キーワードアヤメ科

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android