コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットソニア ワットソニア Watsonia; buglelily

2件 の用語解説(ワットソニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワットソニア
ワットソニア
Watsonia; buglelily

アヤメ科の多年草で,園芸界ではヒオウギズイセンと呼ぶこともあるが,同じ科の CorocosmiaTritoniaを同名で呼ぶ場合もあり混乱しやすい。ワットソニアは南アフリカ原産の属で,60種ほど知られているが,そのうちの W. angustaが代表的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワットソニア
わっとそにあ
[学]Watsonia

アヤメ科の球根草。秋植え・春咲き、春植え・夏咲き、常緑のものがある。草丈は高く、光沢のある剣状葉を数枚出し、らっぱ形の大きな6弁花を、やや上向きに穂状につける。南アフリカ原産。暖地の花壇、切り花用に向く。ベアトリシス種W. beatricis Mathews et Borは常緑性の夏咲きで、高さ約1メートル。朱赤、橙(だいだい)、桃色花を開く。耐寒性は強い。メリアナ種W. meriana var. albaは、5~6月、多数の白色花を開く。ガルピニー種は常緑性で、高さ約60センチメートル。秋、橙色花を開く。コクシネア種は高さ約30センチメートルの矮性(わいせい)種で、春に赤色花を開く。
 繁殖は分球か実生(みしょう)により、日当り、排水のよい所を好む。常緑種は春に植える。秋植えのものは、降霜で新葉を傷めないくふうが必要である。掘り上げは6~7月で、十分乾燥して貯蔵する。春植えのものは、冬季に球根が休眠するので、寒さの強くない所では放任しておく。鉢植えの場合は矮性種を用い、一鉢に何球かまとめて植える。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットソニアの関連キーワード愛媛菖蒲烏扇誰故草捩菖蒲岩黄耆狸菖蒲檜扇菖蒲エヒメアヤメヒオウギヒオウギアヤメ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone