コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワトワート ワトワート Watwāt, Rashīd al-Dīn

2件 の用語解説(ワトワートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワトワート
ワトワート
Watwāt, Rashīd al-Dīn

[生]1114頃.バルフ
[没]1182
ペルシアの詩人。ホラズム・シャー朝のアトスィズ王に仕えた宮廷頌詩詩人で,ペルシア語アラビア語に精通し,書記,学者としても知られた。作品には,頌詩を主体とする『ワトワート詩集』 Dīwān-e Watwātのほかに,修辞学と作詩法に関する散文書『魔法の園』 Ḥadā'iq al-sihr,『書簡集』 Nāmehāye Watwātがあり,いずれも高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワトワート
わとわーと
Rashd Waw
(1114ころ―1182)

ペルシアの詩人。バルフに生まれ、ホラズムシャー朝の王アトスィズに仕えた宮廷詩人。学者としても名高く、ペルシア語の修辞学と作詩法に関する散文作品『魔法の園』や『書簡集』でも知られる。約8500句からなる『ワトワート詩集』は頌詩(しょうし)を主体とし、描写力にたいへん優れる。アラビア語にも精通し、頌詩をつくった。彼の詩には深い学識がよく現れている。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のワトワートの言及

【農書】より

…未刊行の写本によれば,この書は土壌の性質や灌漑方法の記述に始まり,続いて小麦・大麦,野菜,果樹などの栽培法が各論の形で述べられている。この記述様式はその後のアラブ農書に大きな影響を与え,カイロの著作家ワトワートWaṭwāṭ(1235‐1318)は《ナバテア人の農業書》にエジプトの実情を加味して《考察の喜び》を著した。西方のアンダルスでも,トレドのイブン・バッサールlbn Baṣṣāl(?‐1105)は,東方イスラム世界の農学を導入して《簡潔と弁明の書》を書き,同じころグラナダのティグナリーṬighnarīも《果樹園の美》と題する農書を著した。…

※「ワトワート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワトワートの関連キーワードエヌ没・歿勃・歿・没ハーバルフロッシーバルドランバルフールス法則Diaz de la Peña,N.N,N′-エチレンビスコバルト(II)N,N´-サリチリデンアミナトコバルト(II)アルファ・ラバル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone