コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルトブルクの歌合戦(読み)ワルトブルクのうたがっせん(英語表記)Der Wartburgkrieg

世界大百科事典 第2版の解説

ワルトブルクのうたがっせん【ワルトブルクの歌合戦 Der Wartburgkrieg】

チューリンゲンのワルトブルク城にまつわるドイツの詩人伝説。中世後期以来,年代記,聖人伝等に語り継がれ,グリム兄弟の《ドイツ伝説集》にも収録される。R.ワーグナーの楽劇《タンホイザー》によって一般に知られるが,伝説の原型は,ウォルフラムを崇拝する亜流詩人たちによって13世紀中ごろないし後半に作られたと推定される中世ドイツ語の論争詩に由来する。チューリンゲン方伯ヘルマンHermann von Thüringenをたたえる詩人たち(ウォルフラム,ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ラインマルReinmar von Zweter,ビテロルフBiterolf,書記)を相手に,ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンがひとりオーストリア公レオポルトを称賛して敗れる前編を〈君主賛美〉,クリングゾルKlingsorのかける宗教上のなぞをウォルフラムが次々と解いて勝利を収める後編を〈なぞかけ〉,両者を合わせて〈ワルトブルクの歌合戦〉と呼ぶが,これは19世紀以降に研究の便宜上つけられた表題である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報