コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルラフ Wallraff, Hans Günther

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルラフ
Wallraff, Hans Günther

[生]1942.10.1. ケルン近郊ブルシャイト
ドイツのルポルタージュ作家。みずからの体験をもとに,経済繁栄を支えている底辺の労働者たちの悲惨な実態を世に訴える作品を書く。 1960年代後半,西ドイツの「労働現場の文学」という運動のなかで登場し,最も過激な実践を行なった。変名したりトルコ人になりすますなどして,大企業に雇われ,その体験の記録を公刊するので,企業側から警戒される。代表作『歓迎されざるルポ 13編』 13 unerwünschte Reportagen (1969) ,『底辺にて』 Ganz unten (85) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワルラフの関連キーワード聖バルトロメウスの祭壇画の画家ワルラフ=リヒアルツ美術館ローマ=ゲルマン美術館聖ウェロニカの画家ヨルダーンスリーバーマンクレーフェキルヒナーライプルブレインロヒナーロホナー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android