コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ンゼレコレ Nzérékoré

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ンゼレコレ
Nzérékoré

ギニア南部の町。リベリア国境近くに位置する。カンカンからリベリアにいたる道路と,マセンタからコートジボアールにいたる道路の交点を占め,周辺のギニア高地の米,キャッサバ,コショウ,コーヒー,タバコ,パーム油などの集散地。木材,コーヒー,パーム油などはリベリアのモンロビアに送られて輸出される。製材,合板工場が立地。人口5万 5356 (1983推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ンゼレコレ(N'zerekore)

ギニア南東部の都市。ンゼレコレ州の州都。リベリアとの国境に近い。交通の要地。20世紀初め、フランス統治に対する反乱の拠点となった。ヌゼレコーレ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android