ヴェルサイユの宮殿と庭園(読み)ヴェルサイユのきゅうでんとていえん

世界遺産詳解の解説

ヴェルサイユのきゅうでんとていえん【ヴェルサイユの宮殿と庭園】

1979年に登録、2007年に登録内容が変更されたフランスの世界遺産(文化遺産)で、パリの南西に位置する。「朕は国家なり」と豪語したブルボン王朝の王ルイ14世が、みずからの宮殿として建造したヴェルサイユ宮殿は、建築家ルイ・ル・ヴォーやジュール・アルドゥアン・マンサール、造園家のアンドレ・ル・ノートルら、当時の傑出した芸術家たちの才能を集めて造られた。工事が始まったのが1661年で、完成したのは約20年後の1682年。ルイ14世は宮殿と政府機関をパリのルーヴル宮からヴェルサイユに移転した。増改築はその後も続けられ、ルイ15世の時代には、商業地区、貴族や官僚の居住区が造られ、19世紀に入って宮殿内外部の工事が完了した。内部の豪華な彫刻や室内装飾は壮大な建造物を引き立て、バロック様式の建築と造園が見事に調和した傑作である。この宮殿は当時のヨーロッパ社会に大きな衝撃を与え、オーストリアの女帝マリア・テレジアのシェーンブルン宮殿やプロイセン王フリードリヒ2世のサンスーシ宮殿など、豪奢な王宮が各国で建てられていくなど、その影響力やフランス絶対王政を象徴する建造物であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はPalace and Park of Versailles

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android