コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一に イツニ

デジタル大辞泉の解説

いつ‐に【一に】

[副]
ほかではなく、もっぱらそれによるさま。ひとえに。全く。「この成功は一に努力のたまものだ」
ひとつには。また。あるいは。「中納言、一に黄門ともいう」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いつに【一に】

( 副 )
〔漢文訓読から出た語〕
多くのことが一つのことに集中しているさま。全く。ひとえに。 「 -各員の努力にかかっている」 「 -かかって各人の努力による」
また別に。ひとつには。 「法隆寺-斑鳩いかるが寺という」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一にの関連キーワード男は度胸,女は愛嬌ブラックジャック白色事業専従者青色事業専従者一にも二にもヘンカイパン何をおいても揆を一にする一工面二働き医療費控除事業専従者何は扨置き聞き開く事を欠く漢文訓読松井元仲気韻生動第一義的たまもの一金二男

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一にの関連情報