コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一に イツニ

デジタル大辞泉の解説

いつ‐に【一に】

[副]
ほかではなく、もっぱらそれによるさま。ひとえに。全く。「この成功は一に努力のたまものだ」
ひとつには。また。あるいは。「中納言、一に黄門ともいう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつに【一に】

( 副 )
〔漢文訓読から出た語〕
多くのことが一つのことに集中しているさま。全く。ひとえに。 「 -各員の努力にかかっている」 「 -かかって各人の努力による」
また別に。ひとつには。 「法隆寺-斑鳩いかるが寺という」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一にの関連キーワード男は度胸,女は愛嬌青色事業専従者白色事業専従者一にも二にも一工面二働き揆を一にする何をおいても軌を一にするヘンカイパン太宰 勝之一何は扨置き医療費控除事業専従者宅磨澄賀万分の一私利私欲漢文訓読責任政党気韻生動葛の根の

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一にの関連情報