コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い【唯】[漢字項目]

ゆい

ただ【唯/×只/但】

《「直(ただ)」と同語源》
[副]
そのことだけをするさま。それよりほかにないと限定するさま。ひたすら。もっぱら。「―時間ばかりかかる」「―無事だけを祈る」
数量・程度などがごく少ないさま。わずかに。たった。「正解は―の三人だった」「―一度しか休まない」
(「ただ」+動詞の連用形+「に」+動詞の形で)そのことだけが行われるさま。ひたすら。「―泣きに泣く」
[接]前述の事柄に対して、条件をつけたりその一部を保留したりするときに用いる。ただし。「出かけていい。―、までには帰るように」

たんだ【唯】

[副]《「ただ」の撥音添加》「ただ」を強めていう語。
「―一人の息子」〈有島・星座〉

ゆい【唯】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユイ(呉) (ヰ)(漢) [訓]ただ
〈ユイ〉ただ…だけ。「唯一唯識唯美唯我独尊唯心論唯物論
〈イ〉「はい」という承諾の返事。「唯唯諾諾/諾唯」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たった【唯】

( 副 )
〔「ただ」の転〕
(下に数量を表す語を伴って)数量・時間などがわずかである意を強調し、言外に予想外・驚き・非難などの気持ちを込めていう語。 「 -百円しかない」 「 -これっきり」 「 -一人」 「 -の一日も休ませない」
ひたすら。いちずに。 「 -とかせませ/狂言記・宗論」

たんだ【唯】

( 副 )
〔「ただ」の撥音添加〕
「ただ」を強めていう語。 「 -弱りに弱り/謡曲・隅田川」

ない【唯】

( 感 )
応答の語。また、同意を表す語。はい。江戸時代、奴やつこなどが多く用いた。ねい。 「『是そこな奴さま、ここへござんせ雇ひましよ』『- - -』/浄瑠璃・反魂香」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唯の関連キーワードアグルーカの行方/129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極ママ!アイラブユー出家とその弟子未唯mieの日肩ごしの恋人唯円(1)唯信(1)ただでさえまかなべ亭唯でさえ単成火山応病与薬唯浄裏書滝沢唯念宮戸川面戯けるとよく反魂香桐島唯一神教

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唯の関連情報