専ら(読み)モッパラ

デジタル大辞泉「専ら」の解説

もっぱら【専ら】

《「もはら」の音変化》
[副]他はさしおいて、ある一つの事に集中するさま。また、ある一つの事をとするさま。ひたすら。ただただ。「専ら練習に励む」「休日は専ら子供の相手をする」「専らのうわさだ」
[形動ナリ]専念するさま。また、主要・肝要なさま。
人倫において―なり」〈忠度
[類語]主に主としてひとえに一にただ専門

もはら【専ら】

[副]
もっぱら」に同じ。
生前十二頭陀を行持して」〈正法眼蔵・行持上〉
(あとに打消しの語を伴って)まったく。少しも。
「―かかるあだわざなどし給はず」〈手習

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android