コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄門 コウモン

5件 の用語解説(黄門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐もん〔クワウ‐〕【黄門】

中納言唐名。唐の黄門侍郎(こうもんじろう)という官職と職掌が似ているのでいう。
《中納言であったところから》徳川光圀(とくがわみつくに)の通称。水戸黄門

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄門【こうもん】

中納言(ちゅうなごん)の唐名。唐の門下省次官の黄門侍郎に職掌が似ているための称。また特に徳川光圀をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうもん【黄門】

茨城の日本酒。蔵元は「古川酒造店」。現在は廃業。蔵は東茨城郡大洗町にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうもん【黄門】

中納言の唐名。
○ 〔中納言であったところから〕 徳川光圀みつくにの通称。水戸黄門。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄門
こうもん

中納言(ちゅうなごん)の唐名。元来は中国古代の宮廷の門の扉が黄色に塗ってあったことから、王宮の門の異称であったが、秦(しん)・漢代には、この門の中にあって執務した侍従職の官職名として「黄門侍郎」の名があった。日本で中納言の異称とするのは、その職務内容が類似するためである。なお、水戸の徳川光圀(みつくに)を「黄門様」の愛称でよぶのは、光圀が権(ごん)中納言で「水戸黄門」と称されたことによる。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄門の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾中央町中町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄門の関連情報