コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄門 コウモン

百科事典マイペディアの解説

黄門【こうもん】

中納言(ちゅうなごん)の唐名。唐の門下省次官の黄門侍郎に職掌が似ているための称。また特に徳川光圀をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうもん【黄門】

茨城の日本酒。蔵元は「古川酒造店」。現在は廃業。蔵は東茨城郡大洗町にあった。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうもん【黄門】

中納言の唐名。
○ 〔中納言であったところから〕 徳川光圀みつくにの通称。水戸黄門。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄門
こうもん

中納言(ちゅうなごん)の唐名。元来は中国古代の宮廷の門の扉が黄色に塗ってあったことから、王宮の門の異称であったが、秦(しん)・漢代には、この門の中にあって執務した侍従職の官職名として「黄門侍郎」の名があった。日本で中納言の異称とするのは、その職務内容が類似するためである。なお、水戸の徳川光圀(みつくに)を「黄門様」の愛称でよぶのは、光圀が権(ごん)中納言で「水戸黄門」と称されたことによる。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄門の関連情報