コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ノ倉沢 イチノクラサワ

2件 の用語解説(一ノ倉沢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちのくら‐さわ〔‐さは〕【一ノ倉沢】

群馬県北部、谷川岳の東斜面の谷。険しい岩壁で知られる、日本でも有数の岩場のある沢。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ノ倉沢
いちのくらさわ

群馬・新潟県境にある三国(みくに)山脈の主峰谷川岳の北の一ノ倉岳(1974メートル)の東側斜面の沢で、湯檜曽(ゆびそ)川右岸の一支谷。群馬県利根(とね)郡みなかみ町に属する。谷川岳頂上のオキの耳から延びる東尾根(ひがしおね)と、一ノ倉岳から延びる一ノ倉尾根に抱かれた幅約800メートルに及ぶ岩壁の部分をいう。マチガ沢、幽(ゆう)ノ沢とともに険しい岩場の急崖(きゅうがい)であるが、谷川岳の沢登り、岩登りでは、この沢を登る一ノ倉岳への登山者がもっとも多い。ここは天気が激変しやすく、雪解けが遅く、雪崩(なだれ)や豪雨や濃霧があり、谷川岳の登山コースのうち、この一ノ倉沢がもっとも難所である。1931年(昭和6)現JR上越線全通以来2001年(平成13)までに谷川岳で779人の遭難者を出しているが、なかでも一ノ倉沢がもっとも多い。1967年県制定の谷川岳遭難防止条例でこの沢が危険指定地域に含まれた。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一ノ倉沢の言及

【谷川岳】より

…谷川岳周辺は山稜の非対称性が顕著で,魚野川の源流部をなす新潟県側の西および北斜面が比較的ゆるやかなのに比べ,群馬県側の湯檜曾(ゆびそ)川の支流が刻む東斜面や,谷川の源流部をなす南斜面には急な岩壁が続いている。最も急な部分は東側の一ノ倉沢,幽(ゆう)ノ沢,マチガ沢周辺と,南側の俎嵒(まないたぐら)周辺で,岩登りのメッカとしても知られている。これらの急崖は稜線の東側と南側を通る断層によるものと考えられ,断層の延長上では湯檜曾,水上,谷川の各温泉が湧出している。…

※「一ノ倉沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一ノ倉沢の関連キーワード赤石岳足尾山地北岳谷川岳剣岳三国山脈養老山地谷川温泉中島喜代志

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一ノ倉沢の関連情報