コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国山脈 みくにさんみゃく

6件 の用語解説(三国山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国山脈
みくにさんみゃく

群馬,新潟県境に連なる山脈。最高峰白砂山 (2140m) 。主峰に茂倉岳 (1978m) ,谷川岳,仙ノ倉岳,三国山などがある。山体は石英閃緑岩花崗岩などから成り,全体としてけわしい壮年期の地形を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みくに‐さんみゃく【三国山脈】

新潟・群馬県境を南西に走る山脈。丹後山・谷川岳三国山などがあり、最高峰は南部の白砂山(しらすなやま)で、標高2140メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三国山脈【みくにさんみゃく】

群馬・新潟県境をなす山地。北東〜南西方向に茂倉岳,谷川岳,仙ノ倉岳,三国山など標高1900〜2100mの峰が連なり,最高峰は白砂山(2140m)。石英セン緑岩,花コウ岩などからなる険しい壮年期地形を呈し,太平洋側と日本海側の分水界をなす。
→関連項目群馬[県]上越新幹線大清水トンネル新潟[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みくにさんみゃく【三国山脈】

越後山脈の南西部にあたり,新潟県と群馬県,一部は長野県と群馬県の境をなす山脈。地域の境界は明確ではないが,東は兎岳(1926m)付近から,清水峠(1448m)を経て谷川岳(1963m),仙ノ倉山(2026m)を含む谷川連峰となり,三国峠(1244m)に至り,さらに白砂山(2140m)をはさんで草津峠(1956m)まで,標高2000m内外の山地がほぼ北東~南西の方向に連なる。主として花コウ岩,石英セン緑岩,蛇紋岩,第三系の堆積岩(グリーンタフ)からなるが,山脈の北側には苗場山岩菅(いわすげ)山などの火山があり,南側には湯檜曾(ゆびそ),水上(みなかみ),猿ヶ京,四万(しま)などの温泉が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みくにさんみゃく【三国山脈】

新潟県と群馬県の境を走る山脈。北に連なる越後山脈とともに日本海側と太平洋側の気候上の分界をなす。主要部は谷川連峰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国山脈
みくにさんみゃく

群馬・新潟県境の山地。北東から南西に延び、関東地方北西縁の一大障壁で、この山脈を分水界として太平洋側と日本海側とに自然的にも人間生活にも著しい差異をもたらしている。山脈を構成する岩石は、花崗(かこう)岩・閃緑(せんりょく)岩、中生界および第三系の地層である。深い谷に刻まれた高峻(こうしゅん)な壮年期の地形で、北東から丹後(たんご)山(1809メートル)、柄沢(からさわ)山(1900メートル)、茂倉(しげくら)岳(1978メートル)、谷川(たにがわ)岳(1963メートル)、万太郎(まんたろう)山(1954メートル)、仙ノ倉(せんのくら)山(2026メートル)、平標(たいらっぴょう)山(1984メートル)、三国山(1636メートル)、白砂(しらすな)山(2140メートル)など南西に及び、上野(こうずけ)、越後(えちご)、信濃(しなの)の三国にまたがって2000メートル級の高峰をもつ。清水峠(1448メートル)と三国峠(1244メートル)が昔から山脈を越える重要な交通路であったが、清水トンネルによる国鉄(現JR)上越線開通後ほとんど利用されなくなり、現在は国道17号のトンネルで三国峠の下を横断し、また、JR上越新幹線や関越自動車道のトンネルが山脈を横断する。清水峠から南西は上信越高原国立公園の地域で、三国峠までを谷川連峰とよんで登山者が多いが、天気の激変や雪崩(なだれ)、豪雨、濃霧などに警戒が必要とされている。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三国山脈の関連キーワードアルタイ駒ヶ岳カイラス山上越北越群馬県甘楽郡群馬県佐波郡群馬県多野郡湯之谷〈村〉チリポ[山]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三国山脈の関連情報