一世の源氏(読み)イッセノゲンジ

大辞林 第三版の解説

いっせのげんじ【一世の源氏】

みなもと姓を賜って臣籍にくだった皇子。また、親王の子で源氏となった者を二世にせの源氏という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっせ【一世】 の 源氏(げんじ)

① 源(みなもと)の姓を天皇から賜わり、臣下となった皇子。親王の子で源氏になるのを、二世の源氏というのに対する。嵯峨天皇の皇子、源信(みなもとのまこと)をその最初とする。
※延喜式(927)四一「凡一世源氏有犯、遣疏就弾之」
② 天皇の子で臣下となった人。臣下と結婚した内親王。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「つつみてのみ過しけれど、一世の源氏の心魂、人に勝れ給へりけるを得て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android