一利一害(読み)イチリイチガイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 利益もある反面、害もあって、完全でないこと。また、利益と害とが同じくらいであること。一得一失。
※済世危言(1891)〈城泉太郎〉五「百般の事業日に月に大仕掛のものとならんとするの傾向あるは、所謂一利一害にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

利益もある反面、害もあって、完全でないこと。また、利益と害とが同じくらいであること。

[使用例] 罪がない代りに、たいへん計算がめんどうになってきた。やっぱり一利一害だ[夏目漱石*三四郎|1908]

[使用例] 娘を多くの青年の中に出すということも、一利一害で、全然悪いという事は出来んですから[田山花袋*春潮|1903]

[類語] 一得一失

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android