コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善し悪し/良し悪し ヨシアシ

デジタル大辞泉の解説

よし‐あし【善し悪し/良し悪し】

よいことと悪いこと。よいか悪いか。ぜんあく。よしわるし。「―を見分ける」「事の―をわきまえない」
よいとも悪いともすぐには判断できかねる状態であること。よしわるし。「まじめすぎるのも―だ」

よし‐わるし【善し悪し】

よしあし」に同じ。「品の善し悪しを見分ける」「車をもつのも善し悪しだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしあし【善し悪し】

善いことと悪いこと。善悪。 「ものの-の区別がつかない」
よい点も悪い点もあって、すぐには判断できないこと。一得一失のあること。よしわるし。 「直ちに実行するのは-だ」

よしわるし【善し悪し】

よしあし 」に同じ。 「世話をやきすぎるのも-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

善し悪し/良し悪しの関連キーワード心と体の老化度チェックシェープ/シェーパー全国地震動予測地図宅を卜せず隣を卜す西施の顰みに倣うホワイト企業顰みに倣う一得一失込み・込葦原雀色合い計算量評する世話酷く内科御金八相

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android