一長一短(読み)イッチョウイッタン

  • いっちょういったん イッチャウ‥
  • いっちょういったん〔イツチヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① あるいは長くなり、あるいは短くなること。一短一長。
※凌雲集(814)和菅祭酒秋夜途中聞笙之什〈藤原冬嗣〉「遊子吹笙乗甲夜。一長一短悩人情
② 長所もあるが短所もあって、完全ではないこと。
※国文学緒言(1890)〈上田万年〉「作者の順序によるも皆各一長一短あるを発見し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

長所もあるが所もあって、完全ではないこと。

[使用例] どの助教授にも一一短があるものだ、だから自分の下の助教授をきめる時には、教室の後継者としての助教授をおくか、どこまでも内務班の班長的な女房役の助教授をおくか、どちらかに割りきっておくことだな[山崎豊子*白い巨塔|1965]

[使用例] やはり経済的基盤から考えなくちゃあ。宝石は売るのがむずかしいね。持ち運びが楽なかわりに一長一短で[丸谷才一*笹まくら|1966]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一長一短の関連情報