痛し痒し(読み)イタシカユシ

  • 痛(いた)し痒(かゆ)し

デジタル大辞泉の解説

《かけば痛いし、かかないとかゆい意から》二つの方法のどちらをとってもぐあいが悪く、どうしたらよいか迷う。また、ぐあいのよい面もあれば悪い面もあって、困る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典の解説

かけば痛く、かかなければかゆい。二つの選択肢があって、その一方を立てれば他方に支障が出て、いずれにしても具合が悪くなること。利害得失が入り混じって判断しかねること。

[使用例] 岩波文庫に古事記が出ていて、岩波さんに言わすと、あれは実は版したいのだそうだ。あまりよくないと出版者の良心から思っているのだそうだが、どういうわけか近頃はあれが出て、刷っても刷っても売り切れるので、と微妙な痛し痒しを経験しているらしい様子であるとも聞いた[宮本百合子*文学上の復古的提唱に対して|1937]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痛し痒しの関連情報