コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一夜検校 イチヤケンギョウ

デジタル大辞泉の解説

いちや‐けんぎょう〔‐ケンゲウ〕【一夜検校】

江戸時代、千両の金を官に納めることで、検校の位を授けられた人。
急に金持ちになること。また、その人。にわか分限(ぶげん)。
「米油、さては唐物(たうもの)薬種の買ひ置き、―になるやうな、どか儲(まう)けをすきまして」〈浮・子息気質・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちやけんぎょう【一夜検校】

江戸時代、千両の金を官に納めて、普通の盲人から一挙に検校になった者。
にわかに金持ちになること。また、その者。にわか分限ぶげん。 「ちくら手くらの-/浄瑠璃・博多小女郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一夜検校の関連キーワード浄瑠璃てくら薬種筑羅検校

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android