一夜検校(読み)イチヤケンギョウ

デジタル大辞泉の解説

いちや‐けんぎょう〔‐ケンゲウ〕【一夜検校】

江戸時代、千両の金を官に納めることで、検校の位を授けられた人。
急に金持ちになること。また、その人。にわか分限(ぶげん)。
「米油、さては唐物(たうもの)薬種の買ひ置き、―になるやうな、どか儲(まう)けをすきまして」〈浮・子息気質・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちやけんぎょう【一夜検校】

江戸時代、千両の金を官に納めて、普通の盲人から一挙に検校になった者。
にわかに金持ちになること。また、その者。にわか分限ぶげん。 「ちくら手くらの-/浄瑠璃・博多小女郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちや‐けんぎょう ‥ケンゲウ【一夜検校】

〘名〙
① 江戸時代、金千両を官に納めて、にわかに盲官最高の検校の位を授けられた盲人。
俳諧・犬子集(1633)一四「けふははや衣を着かへ香を焼(たき)たしなみふかき一夜検挍〈正直〉」
② にわかに金持になった者。にわか成金。にわか分限(ぶげん)
※俳諧・続山の井(1667)春上「人の気や一夜けんぎゃう今朝の春〈正次〉」
浄瑠璃博多小女郎波枕(1718)上「下着上着もわたり物、かしらは日本胴は唐との襟ざかひ、ちくら手くらの一夜(ヤ)けんぎゃう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android