一宿一飯(読み)イッシュクイッパン

デジタル大辞泉の解説

いっしゅく‐いっぱん【一宿一飯】

一夜の宿と1回の食事を与えられること。通りがかりに立ち寄って世話になること。博徒(ばくと)などが用いた語。「一宿一飯恩義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしゅくいっぱん【一宿一飯】

一晩泊めてもらい、一度食事の世話を受けること。博徒ばくと仲間でいう語。 「 -の恩義」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっしゅく‐いっぱん【一宿一飯】

〘名〙 一晩泊めてもらい、一度食事をふるまわれること。旅の途上などで通りがかりにちょっと世話になること。博徒(ばくと)の間の仁義では生涯の恩義とされていた。
※尺素往来(1439‐64)「其間先為往来衲子一宿一飯
※東京八景(1941)〈太宰治〉「一宿一飯の恩義などといふ固苦しい道徳に悪くこだはって、やり切れなくなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一宿一飯の言及

【もてなし】より

…1648年(慶安1)の江戸町触(まちぶれ)は,町人祝言ふるまい等のとき〈乞食共参,何かと申〉のは,なぐって番所へ届けよとするが,婚礼,法事等に集まる見知らぬ者への接待の例が一般的だったことが,この背景にあろう。有力農民の家は,しばしば旅の職人,芸人や流浪民に一宿一飯をふるまったが,御蔭参りやお礼降りの際には,未知の者へのふるまいは,もっと一般化した。打毀(うちこわし)を伴う百姓一揆が,打毀対象とおぼしい家で酒食の提供を受ける例を,このような例との連続性で考えることもできる。…

※「一宿一飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一宿一飯の関連情報