一寸の光陰、軽んずべからず(読み)いっすんのこういん、かろんずべからず

故事成語を知る辞典の解説

わずかな時間であっても、決してむだにしてはならないということ。

[使用例] 昔の明治時代の学生は、「少年老い易く学成り難し一寸の光陰軽んずべからず。」というような文句を、洋灯ランプの笠に書きつけて勉強した[萩原朔太郎*老年と人生|1940]

[由来] 「光陰」とは、時間のこと。「少年老い易く学成り難し(若い時期はすぐに過ぎていくのに、学問はなかなか一人前にならない)」のあとに続く、漢詩の一句。以前は、一二世紀の中国の文人しゅの「ぐうせい」という詩の一句だとされていました。しかし、朱熹の詩文集にこの詩は見当たらず、近年では、一四~一五世紀、室町前期の僧、しょうとくがんの作だとされています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android