一寸の光陰、軽んずべからず(読み)いっすんのこういん、かろんずべからず

故事成語を知る辞典の解説

一寸の光陰、軽んずべからず

わずかな時間であっても、決してむだにしてはならないということ。

[使用例] 昔の明治時代の学生は、「少年老い易く学成り難し一寸の光陰軽んずべからず。」というような文句を、洋灯ランプに書きつけて勉強した[萩原朔太郎老年と人生|1940]

[由来] 「光陰」とは、時間のこと。「少年老い易く学成り難し(若い時期はすぐに過ぎていくのに、学問はなかなか一人前にならない)」のあとに続く、漢詩の一句。以前は、一二世紀の中国の文人しゅの「ぐうせい」というの一句だとされていました。しかし、朱熹の詩文集にこの詩は見当たらず、近年では、一四~一五世紀、室町前期のしょうとくがんの作だとされています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android