コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一庵一麟 いちあん いちりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一庵一麟 いちあん-いちりん

1329-1407 南北朝-室町時代の僧。
嘉暦(かりゃく)4=元徳元年生まれ。九条道教の子。臨済(りんざい)宗。竜山徳見の法をつぐ。薩摩(さつま)(鹿児島県)大願寺,京都の万寿寺,建仁寺,天竜寺,南禅寺住持をつとめた。文筆にすぐれた。応永14年12月2日死去。79歳。別号に天祥。著作に「蔵叟箋」「仏祖歴年図」「竜涎(りょうぜん)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一庵一麟の関連キーワード室町時代江西竜派九淵竜賝天祥一麟瑞巌竜惺江西龍派心田清播南北朝嘉暦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android