コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一日晴 イチニチバレ

デジタル大辞泉の解説

いちにち‐ばれ【一日晴】

儀式の服装などを、その日に限り、格式をこえて立派に飾ること。
その日、その時だけに用いるもの。ふだんと変わったもの。
「―のかり小袖」〈浮・好色訓蒙図彙・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一日晴の言及

【下襲】より

…近世における天皇,皇太子の冬の地質は表が小葵(こあおい)綾,裏が立遠菱深蘇芳綾,親王,公卿の表が臥蝶(ふせちょう),殿上人が無文綾で,公卿,殿上人とも裏の蘇芳が黒に変わった。なお,行幸の供奉(ぐぶ)などには,その当日のみ好みの地質を使用し,その装束を一日晴(いちにちばれ)と称した。【高田 倭男】。…

※「一日晴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

一日晴の関連キーワード染め装束・染装束一日晴れ・一日晴召具装束晴装束染装束束帯装束下襲

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android