コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福引き ふくびき

世界大百科事典 第2版の解説

ふくびき【福引き】

今日では,一般にくじ引きをして景品を取りあう遊戯をいう。その原型は,730年(天平2)に聖武天皇が正月の酒宴を開催した際に,諸臣に,仁,義,礼,智,信の一文字を記した短籍(たんざく)を抜きとらせ,引きあてた者それぞれに,絁(あしぎぬ),糸,真綿,布,常布を下付した余興に由来するとされる。その後,時代はずっと下るが,元禄年間(1688‐1704)には,縄の先に品物をゆわえて引かせ,それを引きあてたものに与える遊戯が試みられるようになり,さらに寛延・宝暦年間(1748‐64)には,〈辻宝引き〉と称して,街頭で100本の細縄を用意して,うち数十本には玩具を結びつけ,〈さござい,さござい〉とはやしながら,子どもたちを客にして引かせる大道商人があらわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

福引きの関連キーワードドバイショッピングフェスティバル当てる・中てる・充てる・宛てるどうふぐり一時所得大売出宝引き福引券客寄せ補助券二等

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android