コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一本釣(り) イッポンヅリ

デジタル大辞泉の解説

いっぽん‐づり【一本釣(り)】

[名](スル)
1本の釣り糸に1個の釣り針をつけてカツオやイカなどを釣る漁法。
複数の人を勧誘するときに、ねらいをつけた一人一人を個々に説得していくこと。「優秀な人材を一本釣りする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一本釣(り)の関連キーワード神津島のかつお釣り行事カツオ・マグロ漁船銚子つりきんめ御所浦[町]南島原(市)ケンサキイカ野母崎[町]関の鯛釣り唄福岡(市)奈留[町]勝本[町]阿武[町]伊根[町]由岐[町]佐賀[町]稲取キンメ坊津[町]日高[町]宮窪[町]大間まぐろ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android