コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条兼冬 いちじょう かねふゆ

美術人名辞典の解説

一条兼冬

室町後期の公卿・歌人。一条房通の長男。法号を後円明寺・天岳行春。従一位、関白・左大臣となる。和歌・絵を能くした。天文23年(1554)歿、26才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条兼冬 いちじょう-かねふゆ

1529-1554 戦国時代の公卿(くぎょう)。
享禄(きょうろく)2年生まれ。一条房通(ふさみち)の長男。母は一条冬良の娘。天文(てんぶん)9年従三位。右大臣にすすみ,22年関白,左大臣となる。従一位。和歌,連歌をこのみ,絵も上手で先祖の九条兼実(かねざね),一条実経(さねつね)などの肖像をかいたという。天文23年2月1日死去。26歳。法号は後円明寺。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例