コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐順之(読み)とうじゅんし(英語表記)Tang Shun-zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐順之
とうじゅんし
Tang Shun-zhi

[生]正徳2(1507)
[没]嘉靖39(1560)
中国,明の学者,文学者。常州武進 (江蘇省) の人。字,応徳。号,荊川。嘉靖8 (1529) 年進士に及第。翰林院編修となり歴代の実録の校訂に従事。しばしば上官と衝突して野に下り教育研究に努めたが,倭寇 (わこう) の暴虐を見て官に復し,みずから海上で指揮して防衛にあたり,巡撫淮揚に進んで病没した。きわめて博学で,数学の三角法にも通じ,王畿に学んで陽明学者としても名があった。散文作家としては古文辞派全盛のなかにあって,心情の素直な流露を重視する達意の文を説き,帰有光,王慎中とともに三大家と称された。詩文集『荊川先生集・外集』 (20巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじゅんし【唐順之 Táng Shùn zhī】

1507‐60
中国,明代の文学者思想家。字は応徳。荆川と号し,明末に襄文と追諡(ついし)された。江蘇武進の人。嘉靖8年(1529)の進士七子派の古文辞の模擬に過ぎるあまり,文のリズムを失った点を批判し,唐・宋の伝統的な古文への復古を主張した。〈董中峯侍郎文集序〉に〈開闔(かいこう)・首尾・経緯・錯綜の法〉というのは,その理論である。王慎中,帰有光とあわせて,明代の唐宋派古文の三大家に数えられる。天文,楽律,地理,兵法,数学(三角)などから文学に関するまで,きわめて博学で,多くの著述がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐順之
とうじゅんし
(1507―1560)

中国、明(みん)代中期の文学者。字(あざな)は応徳(おうとく)、号は荊川(けいせん)。武進(江蘇(こうそ)省)の人。1529年(嘉靖8)会試首席合格。倭寇(わこう)防御に功あり、官は右僉都御史(ゆうせんとぎょし)、鳳陽巡撫(ほうようじゅんぶ)に至った。学識博大で天文、地理、音楽、兵法、数学にまで通じ、古今の文献を内容別に編集し、左、右、文、武、儒、稗(ひ)の六編を著した。王陽明の弟子王畿(おうき)に良知説を学び、散文家としては、初め偽古文派七子(しちし)に倣った文を制作したが、のち悟って古文家として王慎中(おうしんちゅう)、茅坤(ぼうこん)、帰有光(きゆうこう)らと並称された。詩文集『荊川先生文集』『外集』(和刻『唐荊川文粋』)などがある。[都留春雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐順之の言及

【中国文学】より

…もっとも,韓愈のスタイルは独特のものであって,七子らはそれをまねることを好まなかった。 七子らの主張に反対して,韓・柳の古文を学ぶべきことを公言したのは唐順之と帰有光である。唐宋八家の名もこのときに定まったのであった。…

※「唐順之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android