コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条房家 いちじょう ふさいえ

美術人名辞典の解説

一条房家

室町後期の公卿。土佐一条家の祖。一条教房の次男。応仁の乱を避け父と共に土佐に下向し、国司に補せられ中村城を修築した。正二位権大納言に至る。天文8年(1539)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条房家 いちじょう-ふさいえ

1475-1539 戦国時代の公卿(くぎょう)。
文明7年生まれ。一条教房(のりふさ)の次男。土佐(高知県)の国司となり,居城のある幡多荘(はたのしょう)中村を京都にならい町づくりをする。本山氏らの国人衆に討滅された長宗我部兼序(ちょうそかべ-かねつぐ)の子国親(くにちか)を保護養育。津野元実(もとざね)を討ち,高岡郡を支配下においた。永正(えいしょう)7年従三位,13年権(ごんの)大納言。正二位。戦国公家(くげ)大名の土佐一条家の祖。天文(てんぶん)8年11月13日死去。65歳。法号は藤林寺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一条房家の関連キーワード長宗我部国親不破八幡宮長宗我部氏一条房冬一条房通大内義房

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android